ホーム » 2017年夏の移籍市場 » リヴァプール、コウチーニョ売却報道を一蹴、公式発表で退団説を完全否定
« スポンサードリンク »

リヴァプール、コウチーニョ売却報道を一蹴、公式発表で退団説を完全否定

koutirivapu.jpg




 リヴァプール所属のMFフィリペ・コウチーニョ。バルセロナがコウチーニョ獲得に向け交渉を進めている。
 バルセロナは、総額1億ユーロのオファーをリヴァプールに提示したものの、クラブ側はこれを即座に拒否。


 だが、コウチーニョ獲得を諦めきれないバルセロナは、再びオファーを増額し接触を図ろうとしている。
 この不穏な動きに対し、リヴァプールは次の通り公式発表を行いコウチーニョ売却の可能性を完全否定した。


「 フィリペ・コウチーニョの移籍について我々の立場を明確にしたい 」

「 クラブのスタンスは、フィリペへのオファーを一切検討しないということであり、彼は夏のマーケットがクローズになった後、リヴァプールのメンバーとして残るだろう 」


 異例の声明であることは間違いないが、事実は異なるかもしれない。
 コウチーニョは、この夏ステップアップを求めトランスファー・リクエストをクラブ側に提示しているという。


 クラブを率いるユルゲン・クロップ監督はコウチーニョ移籍の可能性を完全否定している。
 選手がクラブ側に移籍志願を提出したことが事実であれば、バルセロナの移籍オペレーションに大きな影響を与えることとなるが果たして。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top