ホーム » 2017年夏の移籍市場 » コウチーニョ獲得を画策するバルセロナ、リヴァプールは高額な移籍金を設定へ
« スポンサードリンク »

コウチーニョ獲得を画策するバルセロナ、リヴァプールは高額な移籍金を設定へ

koutinyorivapuru.jpeg




 リヴァプール所属のMFフィリペ・コウチーニョ。今夏の移籍市場でバルセロナがコウチーニョ獲得を目指している。
 バルセロナは、すでに1億ユーロのオファーをリヴァプールに提示しているが、交渉は難航。


 コウチーニョがバルセロナ移籍を求めていることから、両クラブは交渉を継続しており交渉は大詰めを迎えているようだ。
 だが、クラブを率いるユルゲン・クロップ監督は、コウチーニョ移籍に態度を軟化。
 放出に容認の姿勢を見せているものの、安価な価格での売却は望んでいないようだ。


 リヴァプールが態度を軟化させつつある一方で、バルセロナに求めるオファーは強気の価格であることは言うまでもない。
 一部の報道によると、リヴァプールはコウチーニョ売却で1億5000万ユーロという条件をバルセロナに突きつけているようだ。


 まず間違いなく驚愕の事実を突きつけられているのはバルセロナだろう。
 1億ユーロを最大として交渉を続けてきたバルセロナにとって、リヴァプールから提示された条件は驚愕の二文字であることは言うまでもない。


 あわよくばコウチーニョに、ボルシア・ドルトムント所属のMFウスマン・デンベレ獲得の可能性を探っているだけに、理想とは大きく乖離しているのが現状か?
 パリ・サンジェルマンから2億2200万ユーロと言う巨額の資金を調達したバルセロナ。


 だが、チームの戦力は大きく低下させているのは間違いない。
 リヴァプールが設定したコウチーニョの移籍金は市場価値を大きく上回るものであることは間違いなく、バルセロナがこの条件を如何にして引き下げることができるかが、今後の交渉のカギとなりそうだ。



関連記事
« スポンサードリンク »

Return to page top